読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲンキの時間の特集を学ぶ

ゲンキの時間で特集された内容を学ぶページ

病気にならない食べ方で気をつけるのはおさかなすきやね?

ゲンキの時間以外の健康情報番組の紹介をしている

サイトを見つけましので、よろしければご覧ください

健康番組の最新情報をお届け!
2016年7月31日放送のゲンキの時間、今回は
病気にならない食べ方についての特集です
食べ方という事には意識していない場合が
多いのではないでしょうか、果たしてどういう
食べ方が体によく病気になりにくいのでしょうね。

目次

 

一番気を付けるのは血糖値の上昇

血糖値上昇を緩やかにしてあげる事が重要
これができないと
万病の元といっても過言ではありません。


血糖値というのは1日中変動しています、特に
食事を摂った後は誰だって上昇はします。
注目したいのが食後高血糖。


普段の血液検査では空腹時血糖といい、食事を
摂取していない状態で検査をしますけど
この食後高血糖も見逃してはいけない。


この値が140を超えていると糖尿病予備群と
言われております、ではここで
どういう食べ方が血糖値を急上昇させてしまうのか?


・炭水化物の過剰摂取
・食べ方の順番(タンパク質、炭水化物、野菜など)
野菜を先に食べた方が血糖値の上昇は緩やかになる
・ストレス
・朝食抜きで昼食を食べる
(朝食抜きだと脳出血のリスクアップ)
・早食い

ではこれらと逆の事をすれば血糖値は
緩やかに上昇するという事ですね。
・食事は野菜から食べる
・ゆっくり食べる
・朝食をきちんとたべる
という事ですね。


でもどういう食事をしたらいいのか?
わからない場合もありますからね、そこで目安として
色を意識しようというもの。


色とりどりの食事を摂取していると
血糖値の上昇も緩やかになる。
炭水化物、タンパク質、食物繊維、果物など
バランスよく多品目を食べるように。

おさかなすきやね?

どういう意味かというと、こういう事です。

お お茶
さ 魚
か 海藻
な 納豆
す お酢(血圧を下げるのでおすすめ)
  生姜と組み合わせると更に効果アップ
き きのこ(βグルカンが含まれている)
や 野菜
ね ねぎ

という意味です。


ここで酢しょうがの作り方ですが
1 しょうがを皮のついたまま薄くスライス
2 容器に入れ、ショウガが浸かるまで酢を注ぎ
  冷蔵庫で一晩以上寝かせる
これで完成です、早めに食べきりましょう。


酢しょうがソーダという風にして飲むのもあり
・酢 小さじ2
・しょうが 6枚
・はちみつ 小さじ1
炭酸水 200ml

全部入れれば完成です。


キノコでおススメなのが
・なめこ ぬめぬめしていてこれはムチンという
 血糖値上昇を抑えてくれる成分があるため。

・マッシュルーム 
シャンピニオンエキスという  成分が含まれていて、腸内環境を整える  食べ物の異常発酵を抑え体臭を抑える効果も。 ・マイタケ 
糖分をエネルギーに変えるビタミンB群が  豊富に含まれているためです。  またMD-フラクションという成分が、免疫力を  高めてくれたり、血液や血管を丈夫にしてくれます。