ゲンキの時間の特集を学ぶ

ゲンキの時間で特集された内容を学ぶページ

口腔フローラに棲むジンジバリス菌を減らす治療法とは?

ゲンキの時間以外の健康情報番組の紹介をしている

サイトを見つけましので、よろしければご覧ください

健康番組の最新情報をお届け!
2016年9月11日放送のゲンキの時間
口の中の悪玉菌をやっつけろ、歯のトラブルは
万病の元、というテーマ
最新の歯科治療を紹介していきます。

 

ゲンキチャレンジャーの方に協力してもらい
歯の検査をすることに
口腔フローラを調べていきます
口腔内の善玉菌と悪玉菌をチェック。


ゲンキチャレンジャーの歯垢を取って調べてみると
3名中2名が口腔フローラの状態が悪いという
結果となりました。


悪い状態のまま進行すると、あごの骨が溶けていき
歯が抜け落ちてしまう事もあります。


これだけでは済まなくて、この歯の悪玉菌は
毛細血管から血液内に侵入し、全身をめぐる
この悪玉菌、歯周病菌とも言うのですが
これがなんと毛細血管から侵入したら、腕に
90秒で到達してしまうのです。


近年この歯周病菌が原因での、血管の疾患が増えていて
大動脈に入り、動脈硬化や脳卒中心筋梗塞を
起こしてしまうのです。
・臓器に入れば炎症
・関節へ入るとリウマチ
・細胞へ入るとがん
というように、悪さばかりをしてしまうのです。


身をもって体験した人がいます、45歳の女性
30代後半くらいの時に、肝臓の数値が異常に
あがり肝炎を起こしていたのです
NASH=非アルコール性脂肪肝炎といい
酷いと肝硬変になる場合も。


歯磨きで少し血がにじむ、という事が起こっていて
医師はそれが原因かもしれない
ということでNASHが発覚したのです。


すぐに歯医者へ行き、4か月間治療を行うと
肝臓の数値は正常に戻りました、一体どういう
歯周病菌が悪さをしていたのかというと
『ジンジバリス菌』
という超悪玉菌が原因だったのです。


口の中のケアはどのようにしていけばいいのか?
セルフケアは難しいと言われているので、数か月に
1回は歯医者へ行くことをWHOは推奨している。


若々しい歯を保つ秘訣はあるのか?
86歳の男性、歯の数がなんと31本もあるそうです
どういうケアをしているのでしょう?


食事をした後、すぐに歯磨きをするのですが
なんと歯ブラシを5本使い、時間は20分位かけて
歯を磨く、磨き終わったあとも
歯茎マッサージを行っています。


歯の最新治療法、3DSとは?
マウスピースを使った治療法で、マウスピースに
薬がついているので、装着して歯磨きなどで
残った悪玉の細菌をやっつけるという治療法
歯医者さんで歯のクリーニングをしてから行う。


複数回の通院が必要で、ホームケアをする場合は
1日2回歯磨き後に5分間装着する
簡単そうでよかったです、ただし費用は10万円かかります。