読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲンキの時間の特集を学ぶ

ゲンキの時間で特集された内容を学ぶページ

福井県の方達はどうして肝臓が健康なのか?

ゲンキの時間以外の健康情報番組の紹介をしている

サイトを見つけましので、よろしければご覧ください

健康番組の最新情報をお届け!

2016年12月25日放送のゲンキの時間、今回は
肝臓健康県、福井県のヒミツがテーマ。
この季節はお酒を飲む機会も多くなりますから
福井県の人の肝臓が強い秘密知りたいですよね。

目次


福井県の方たちはどうして肝臓が強い?

お酒が強い人って肝臓も強いのか?という問題が
番組で出たのですがこれは違うようです
摂取するアルコール量は同じなので飲めば飲むほど
肝臓に負担をかけています。


でも福井県って不思議な県で
・コロッケ購入額日本一
・カツレツ購入額日本一

という揚げ物が大好きな県なのです、それで
肝臓の状態がいいというのですから不思議・・・


ある福井県民の自宅へ伺い、冷蔵庫の中をみると
油揚げが・・・実は福井県は
・油揚げ購入額日本一
というのもある、油揚げに秘密はあるのか?


油揚げを作るうえで欠かせないのが大豆
大豆には植物性タンパク質が豊富に含まれている
なので肝臓には健康的な食材。


肝臓は食事で摂ったタンパク質を合成し全身に送り出す
動物性たんぱく質の場合は、脂肪分が多いため
脂肪肝の原因にもなるが、植物性タンパク質は
肝臓には優しい。


また福井県は精進料理などの植物性タンパク質の
食事が根付いている、おそばも特徴的なものがあり
おろしそばというものがある。


そばに含まれるコリンが肝臓に脂肪が付着するのを防ぐ
おろしそばのおろしはもちろん大根おろし
普通の大根と辛味大根の2つを使用する
すりおろした大根とその汁、調味料を入れて
そばの麺つゆを作っていく。


そしてそばと大根おろし入り麺つゆを混ぜ合わせて
おそばを食べるという事ですね。
たっぷり入った大根は、肝臓の解毒作用を助けてくれる。


一年に一度男たちが酒を飲み続ける奇祭
越前市国中町の奇祭、ごぼう講と呼ばれている


ごぼうを肴におよそ2時間酒を飲み続けるという奇祭
このごぼうがポイントで、水溶性と不溶性の食物繊維の
バランスがとてもいい。


便秘をしていると大腸で有害物質が発生する
するとこの有害物質を解毒するために肝臓が働く
この働きの負担を軽減するためにも
ごぼうを食べて便秘を解消させようというもの。


また、?んだ後に柿を食べているそうです
今庄吊るし柿と呼ばれるもの
柿の渋み成分、タンニンがアルコールの吸収を抑制する。


まとめると
・大豆製品を食べる事で肝臓の負担を減らす
・大根の辛みが肝臓の解毒作用を助ける
・そばに含まれるコリンが肝臓に脂肪を付着するのを防ぐ
・ごぼうの食物繊維が肝臓の解毒作用を助ける
・柿のタンニンがアルコールの吸収を抑制


これらが福井県民の肝臓を強くさせている秘密
という事になりますね、お酒が好きな方は
参考にしてみてもいいのではないでしょうか。