ゲンキの時間の特集を学ぶ

ゲンキの時間で特集された内容を学ぶページ

血圧を下げる合谷とは?冬の血圧、危険な落とし穴

ゲンキの時間以外の健康情報番組の紹介をしている

サイトを見つけましので、よろしければご覧ください

健康番組の最新情報をお届け!

2017年1月29日放送のゲンキの時間、今回は
冬の血圧について危険な落とし穴がある特集
目次


普段から血圧を気にしているゲンキチャレンジャー
3名に協力をしてもらい、血圧を調べることに。


そもそも血圧というのは、心臓から送り出される
血液が血管の壁に与える圧力の事
正常な血圧だと血管の内壁に与える圧はゆるく
高血圧の場合は血管の内壁に与える圧は高い。


こうなると血管の壁はボロボロになり
傷を修復してくれますが、血管が硬く
厚くなるのです。


ゲンキチャレンジャーの方の血圧を調べると
ある時間帯に血圧が跳ね上がる時があります


二人の共通点は外出をしていた、という事
なのですが、外とお部屋の温度差で
血圧が上昇したのです。


これは家を出る前にしっかり防寒していても
血圧は上昇してしまう、そこで1つの対策として
外出30分前に首にマフラーを巻いて
暖めると、手足にある動静脈吻合(ふんごう)が
30分くらいで開いてくるので
それで手足が温かくなっていきます
血圧の上昇が少しは緩やかになるかもしれません。


もう一つ血圧を急上昇させた原因があります
それはストレス、食事の献立を考えたり
カラオケ、飲み会など
という事だけでもストレスは上がります。


なので予めメニューを決めておくことなどを
しょっぱい食べ物などを減らしたりして
ストレスを減らしていきましょう


そしてとくに気を付けたい場所があり、それは
脱衣所です、脱衣所は冷えているので
そこで服を脱いだりした時、温度差が生じ
血圧が急上昇してしまう、脱衣所やお風呂場で
倒れるという方がこの時期一番多いのです。


対策としては、脱衣所を温める
そしてお風呂場も入る前にシャワーを出して
脱衣所との温度差をなくしてしまう
という対策を取りましょう。


就寝中も要注意、夜中のトイレも落とし穴で
排尿でも血圧が上がり、トイレとの温度差でも
血圧が上がります。


そして起床時、一日の中で最も血圧の変動が
大きいのがこの起床時です、冬は体が冷えて
より血圧が上がりやすい状態です。


目覚めてもすぐに布団から出ないで、数分は
布団の中にいて手足をゆらゆらと動かして
血液循環を整えましょう。


高血圧の人のほとんどが本態性高血圧といい
遺伝、生活習慣、ストレス、運動不足
肥満、加齢などが関係していると
言われているが、実際のところ本当の原因は
わかっていないという高血圧です。


あと脈圧にも気を付けておきたい
脈圧とは、上の血圧から下の血圧を引いて出た数値
60以上離れている人は要注意なので
病院へ行きましょう、動脈硬化が進行している
可能性があるためです。


簡単に血圧を下げる方法があります
それは合谷(ごうこく)というツボを押す事
たったこれだけで血圧が下がるのです。


場所は、手の親指と人差し指の間にある
柔らかい筋肉の部分、上半身の血管が開き
血圧が下がるようです、1日3回
両手5分程度強めに押しましょう。