読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲンキの時間の特集を学ぶ

ゲンキの時間で特集された内容を学ぶページ

正しいマスクの付け方で花粉とウイルスを防ごう!

ゲンキの時間以外の健康情報番組の紹介をしている

サイトを見つけましので、よろしければご覧ください

健康番組の最新情報をお届け!

2017年3月19日放送のゲンキの時間、テーマは
花粉、ウイルスから身を守れ!
賢い予防法と正しいマスクの使い方を紹介。


目次

マスクがこれだけすごいとは知らなかった!

最近聞くPM2.5というのは本当に小さくて微粒子
肺の奥にも入りやすく、肺がんやぜんそくの原因となる
可能性もあると言われております。


その悪い物質から守ってくれるマスクなのですが
ほとんどが正しい使い方が出来ていないというのです。


マスクの用途って主に2つ
1つは風邪のウイルスをまき散らさないようにする
もう一つは捕集、花粉や菌を吸い込まないようにする。


マスクは何層ものフィルターを付けています
プレフィルターという表面のフィルター
メインフィルター、バックアップフィルターなど
何層にも重ね合わせて捕集力を高めている。


どうしてこれだけ捕集力を高められるのかというと
不織布が関係している、不織布というのは
糸や繊維を織り重ねるのではなく、繊維同士を
複雑に絡ませたものなのです。


こうする理由は、繊維が複雑に絡ませ合う事で
空気を通しても粉塵やホコリは通しにくい構造にするため
エアコンのフィルターも不織布です。


マスクのフィルターで一番の肝は真ん中のフィルター
帯電をさせているというのですが
どういう事かというと、帯電させることで
ウイルスや花粉などの微粒子をキャッチしてくれる。


マスクの正しいつけ方って?

ゲンキチャレンジャー4名の方に協力をしてもらう事に
普段通りにマスクをつけてもらい、粉じん量を調べる
マスク内の粉じん量が30%以下なら、その人は
正しくマスクを装着しているという事です。


調べると漏れ率30%以下の人は一人もいませんでした
正しいマスクの装着をしていなかったためです。


では正しいマスクのつけ方とはどういうものか?

ポイント1 マスクの中心を軽く折って目印にする
こうすることで、マスクのずれが起こると左右で
隙間が出来てしまう、なので中心を軽くおり
そこを目印に装着すると、隙間が小さくなる。


ポイント2 ノーズフィッターを鼻の形にしっかり沿わせる
これで鼻っ柱の隙間を軽減できます。


ポイント3 プリーツをしっかり広げてあごをカバー
顎までマスクのプリーツを下げると隙間が少なくなる


ポイント4 最後は両手でなじませフィットする
マスクをつけたとき、最後に行いましょう。


このアドバイスの後再びマスクの漏れ率を測ると
全員30%以下になっていました。


マスク以外で花粉やウイルスを予防する重要な事は?

うがい、手洗いも大切
花粉対策にうがいは水道水で十分です、しかし
風邪の予防やウイルスの予防ではヨード液
つまりイソジンのようなやつですね、あれを濃くし
うがいをすると、粘膜を痛める可能性がある
使用上の注意を守って希釈しましょう。


また外から自宅へ帰ってきたときも、衣服を玄関ではらい
その玄関に空気清浄機を設置すると、はらった花粉や
ウイルスがそこで空気清浄機に吸い込まれていきます
これは理に適っていますね
そして室内は湿度を50%から60%に維持しましょう。


最新の花粉症治療、舌下免疫療法

マスクをつけていると、下記のような悩みって出てきますよね?
マスクをつけているとメガネが曇るという人
多いかと思います、それってマスクの位置が
やや低いために起こっていることがある。


鼻の部分から息が漏れている証拠でもありますよね
ノーズフィッターを顔のラインにしっかり
あわせて漏れをなくしましょう


次に耳が痛い
ゴムひもが細くて圧がかかるため、そういう時は
ガーゼを巻いてみましょう、痛みが軽減されます。


メイクが落ちるという悩みもある
そういう場合は、メイクが落ちにくいマスクを
使用しましょう。


マスクは1日1枚、という事を心がけて使おう
マスクを外す場面が出たら、花粉をまき散らさない
ように外側に折るようにしましょう。


花粉症治療に舌下免疫療法という新しい治療法が
出てきています、安全性が高くアレルギー性鼻炎や
花粉症の体質を根本的に変えていきます。


毎日やらないといけないというのがネック
そして液体のものが今は主流です、いずれ錠剤タイプの
薬が登場してくることでしょう。