ゲンキの時間の特集を学ぶ

ゲンキの時間で特集された内容を学ぶページ

ネイチャースイートソースって?甘酒は最強ですな

ゲンキの時間以外の健康情報番組の紹介をしている

サイトを見つけましので、よろしければご覧ください

健康番組の最新情報をお届け!

2017年5月28日放送のゲンキの時間、今回は
ネイチャースイートソースについての特集です
一体どういうソースなのか?


目次

ネイチャースイートソースってなんだ?

その1つが埼玉県秩父市の山奥にあるといいます
何を作っていたのかというと、メープルシロップ
秩父市は夏と冬の寒暖差が40度ほどあり
冬場の2月から3月にカエデの樹液を採取し
メープルシロップを作っているんだとか。


もう一つのネイチャースイートソースが蜂蜜
この2つに共通する健康効果として
・低カロリー
・血糖値が上がりにくい
・高血圧予防、免疫力アップ
という事になっている。


白砂糖と比較しても、カロリー数も少なくて
糖度もメープルシロップは砂糖よりも糖度は低めだが
蜂蜜は白砂糖よりも糖度が高かった。


次に血糖値の事も気になります、血糖値を上げる
早さを示すGI値という数値があるのですが
白砂糖はとっても高く100を超えている
一方ではちみつもGI値が決して低いわけでは
ありませんが、メープルシロップは低かった。


メープルシロップは高血圧を予防するカリウム
というミネラルが豊富に含まれていて
蜂蜜は免疫力アップに期待が持てるのです。


メープルシロップを調理に使うと、コクが出る
肉じゃがなどの料理に砂糖の代わりに使うといい。


蜂蜜は肉料理を柔らかくする、ブドウ糖と果糖が
肉の繊維質に入り焼いた時のタンパク質が固まるのを防ぎ
肉を分解するプロテアーゼという
酵素も入っているので肉を柔らかくしてくれる
おススメはステーキにはちみつを塗るといい
蜂蜜を塗ってから15分から20分置いてそれから
焼くとステーキは柔らかくなる。


飲む点滴?最強のネイチャースイートソース、甘酒

江戸時代から飲まれていて、疲労回復などの効果がある
甘酒には酒かすから作るもの、米麹から作るものがあり
米麹の甘酒は、酒粕とは違い砂糖を使わない甘酒
蒸し上がった米と米麹を1対1の割合で混ぜ合わせる
その後、60度の温蔵庫に入れて約10時間発酵する
次に常温に出して2~3日ほどならしていく
これで完成となります。


甘酒には、ビタミンB類、アミノ酸、ブドウ糖、オリゴ糖
たくさんの栄養素を含んでいる、発酵しているので
体内で吸収しやすくなっている。


更に甘酒にはペプチドという成分があり、これが
消化酵素の作用もあって、胃もたれや夏ばてに
最適な飲み物なんだそうです。


こうなると米麹の甘酒がいい!と思いがちですが
酒かすの甘酒にも健康効果はあります
酒かすにはレジスタントプロテインという成分が
含まれており、脂を吸着し体外に排出するという
働きがあるのです。


甘酒は常温で飲んだ方がいい、温めすぎると
ペプチドの効果がなくなる恐れがあり
冷たい状態で飲んでしまうとペプチドの作用が鈍る
なので常温で飲むのが一番効果的。


米麹の甘酒ちょい足しレシピ、きな粉を加える
食物繊維が豊富になり腸内環境を
よくする効果に期待が持て、きな粉に含まれる
イソフラボンも摂取することができます。