ゲンキの時間の特集を学ぶ

ゲンキの時間で特集された内容を学ぶページ

薬味の健康パワーは主食級!?

ゲンキの時間以外の健康情報番組の紹介をしている

サイトを見つけましので、よろしければご覧ください

健康番組の最新情報をお届け!

2017年6月25日放送のゲンキの時間、今回は
食卓の名わき役、薬味の特集
夏を乗り切るためのおススメ薬味とはなんでしょうか。


目次

らっきょうは生で食べるほうが良い!

鳥取県の福部町へ、あるものが良く食べられている
それはなにかというと、らっきょうです。


らっきょうは中国から伝わった薬味
らっきょうの臭いの元はアリシン、血液をサラサラにし
脳梗塞や心筋梗塞を予防、免疫力も高めてくれる。


また、食物繊維もすごく豊富
ごぼうの4倍も食物繊維が含まれている
フルクタンという水溶性の食物繊維が多い。


らっきょうの定番料理といえば甘酢漬け
カレーに良くついていますよね、あれにも理由があり
胃の消化を高めてくれたりするのです。


しかし甘酢漬けよりも、生でラッキョウを
食べる方がいいとのこと。


らっきょうをたくさん食べるためには
様々な料理にして工夫をする必要がありますね。


・焼きらっきょう
生のらっきょうを軽く焦げ目がつく程度に焼き
みりん、しょうゆ、砂糖などの特製たれに漬けこむ
これで完成。

・らっきょうカツ
豆板醤を塗った豚肉でラッキョウを巻いて揚げる
これで完成、豚肉のビタミンB1の吸収を高めて
疲労を回復してくれる。

・らっきょうの佃煮
らっきょうの皮をごま油などで煮詰めた料理

・らっきょうドレッシング
らっきょう、からし、らっきょうの甘酢の漬け汁
オリーブオイルなどをミキサーにかける
これで完成


その他の薬味の健康効果

・みょうが
冷奴やみそ汁に入れられるみょうが、この香りが
食欲増進を期待できる。


αピネンという香り成分が胃液の分泌を活発にし
夏バテによる食欲の低下を防ぐ


更にミョウガの健康効果をアップさせてくれる
食材があります、それは油
αピネンの吸収がよくなります。


・しそ
βカロテンなど抗酸化作用が豊富
更にチーズと一緒に食べると肌が美しくなると
言われております。


・山椒
山椒の辛み成分はサンショオール
食欲増進や消化吸収を促進する辛み成分です
マグネシウムも豊富に含まれている


ですが山椒って日常でいつも食べているわけでは
ないですよね、そこでおススメなのが山椒ご飯
作り方も簡単で

みりんや醤油などの合わせ出汁を研いだ
お米に入れて野菜、キノコ類、山椒の実を入れる
あとは炊いてしまえば完成です。


更にワサビもおすすめで、辛み成分
ワサオールには防腐効果がある
香りには食欲増進効果もあります。